COLUMNコラム

  1. ホーム
  2. コラム
  3. ダム
  4. 三国川ダムの融雪放流

三国川ダムの融雪放流

2021年4月24日

ダム

南魚沼市にある三国川ダムでは、4月24日より冬季通行止めが解除され、一般の車両も管理所まで行けるようになりました。5月上旬頃までは「非洪水期常用洪水吐き」からの越流を見ることができます。

三国川ダムは、洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道用水の供給、発電を目的とするロックフィルダムです。このうち洪水調節に関しては、6月1日から9月30日までの洪水の起きやすい期間は「洪水期」として、大雨に備えて水道用水と農業用水を残し水位を下げておきます。大雨が降った場合は流れこむ水をダム湖にためておき、下流の川があふれるのを防ぎます。10月1日から5月31日までの洪水が起きにくい期間は「非洪水期」として、水不足などに備えて水を確保しておきます。

4月から5月上旬までは雪解け水がダム湖に流入する時期で、湖の水位が上がり「非洪水期」の放流設備である「非洪水期常用洪水吐き」から水が流れ出ます。

 

ダム湖の水位が上がり水が流れ落ちています。

真っ白な水がきれいです。

越流する水の量が少ない時には水がうろこ状に見えることがあります。

洪水が起きにくい時期に水を流す「非洪水期常用洪水吐き」

三国川ダムには彫刻作品も屋外展示されています。

ダムの堤頂にある彫刻作品

三国川ダムの周辺にはキャンプ場や観光センターも整備されています。三国川ダムは非常に見学しやすいダムですので、訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたのは...

ダムの知識ガイド:目黒公司
一般財団法人日本ダム協会が任命するダムマイスター(一般)。
これまでダムについての講演などを開催。新潟県魚沼地域振興局の『うおぬまダム周遊MAP』制作監修。過去に開催されたダムの見学ツアーではバス車内ガイド等を担当。

DAM INFORMATIONうおぬまのダム一覧